AWS(Amazonクラウド)のサーバー切替え方法まとめ

AWSで無料ブログ ブログ
この記事は約4分で読めます。

当ブログは、AWSで運営しています。1年間の無料期間中は、月60円程度でしたが、無料期間を超えると、月4,000円に跳ね上がりました!

ブログサーバー移転を考えましたが、結構むずかしく・・・。

ALB(アプリケーション・ロードバランサー)は、SSLを使う上で必須。

手始めに安くできるのは、インスタンスを安くすること。

無料枠で使っていたインスタンス t2.micro から、t3.nanoに。そしてスポットインスタンスに。

これだけで1,000円/月ほど安くなりそうです。

t3.nanoのスポットインスタンスに切り替えた手順をまとめます。

■参考サイト

気付いたらAWS EC2の無料枠が終了していた!(無料枠からスポットインスタンスへの移行) - Qiita
要約 AWSのEC2無料枠が終わったことに気づいたので、使用料金を下げるためにスポットインスタンスに移行した話です。 いまさらの二番煎じ感ありますが、、、 起きたこと AWSの無料枠の範囲内でWordpressを運用して...
ミイダス

AWSサーバー切替 インスタンスの設定

今のインスタンスからバックアップをとり、バックアップを元に、安いインスタンスを選んで起動します。

インスタンスのAMI(マシンイメージバックアップ)を取得

AMIを取得します。このAMIからインスタンスをコピーして起動することができます。

※インスタンスとは、ざっくり言うと、Amazonのクラウドサーバーです。

AMIからt3.nanoのスポットインスタンス起動

さきほどバックアップしたAMIを選び、右クリック→スポットインスタンスを選びます。

最大金額を選べます。私は、0.02ドル(/時間)と設定しました。これで、インスタンス代は、最大で月1,500円程度になる見込みです。たぶんもっと安くなるはず。深夜はさほどアクセスされないので。

t3.nanoは、オンデマンドで 0.0052 USD/時間です。

1年間のリザーブド(事前予約)の場合は、0.003USDなので、1年以上使う予定があれば、リザーブドがさらに節約できます。

インスタンスをインターネット経由で確認

インスタンス起動後は、外部IPアドレスで接続確認し、同じサイト構成になっているか確認しましょう。

AWSサーバー切替 Elastic IPを新インスタンスに設定

Elastic IP(固定IP)は、インスタンスから外しておくとお金がかかる仕組みです。

旧インスタンスをTerminate(終了)させた場合に備えて、事前に新インスタンスにつけておきます。

AWSサーバー切替 ALB(ロードバランサー)の設定

ALBは、セキュア通信(SSL通信)に必要です。

ALBを新規作成し、ターゲットグループ、新規作成したインスタンスを設定します。

※インスタンスIDは、実行中のインスタンスから選択できます。

AWSサーバー切替 Route 53の編集

Route53を選び、ホストゾーンから詳細表示します。

レコード名(ドメイン)を選び、 トラフィックのルーティング先 を編集します。

ここには、ALB(ロードバランサー)のIDを設定します。

旧インスタンスにリンクしたALBから、新インスタンスにリンクしたALBに変更します。

AWSサーバー切替完了! URL入力して確認

以上で、AWSサーバー切替完了です。URL入力してインターネット経由で確認します。同じサーバー構成で見れることを確認します。

AWSサーバー切替 旧サーバー終了時の注意点

旧インスタンスは終了しないとお金がかかり続けます。ただし、終了前に次の点に注意しましょう。

旧インスタンス まずは停止する

旧インスタンスを終了すると二度と起動できなくなります。一旦停止してみましょう。

URLをインターネット経由で確認します。503エラーや502エラーが出ないことを確認します。

※エラーになる場合は、切替がうまくいっていません。旧インスタンスを「開始」して、再度切替をやりなおしましょう。

旧ALBを削除、旧インスタンスを終了する

切替がうまくいっていることを確認できたら、旧ALB(ロードバランサー)を削除し、旧インスタンスを終了します。

AWSサーバー切替 まとめ

AWSの切替は、うまくやれば10分程度で終わります。

でも、AWS専門用語が多かったり、手順を忘れがちなので、備忘録的にまとめてみました。

https://www.keitaiplan.com/blog-server-2021-lolipop/
コインチェック