10万円一律給付の方法と注意点とは。世帯分離やDV等支援措置で対策できます。特別定額給付金(仮称)を解説【新型コロナウイルス対策】

10万円一律給付 コロナ
この記事は約3分で読めます。

新型コロナウイルス感染症の緊急経済対策が、4/20に閣議決定されましたね。

現金を一人当たり一律10万円を支給するものです。

特別定額給付金(仮称)が、いまのところの事業名です。

特別定額給付金(仮称)の概要

https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/gyoumukanri_sonota/covid-19/kyufukin.html

10万円一律給付の対象は、4/27住民登録されている人

支給対象者は、基準日(令和2年4月27日)に、住民表に登録されている者

1人につき10万円支給

現金を受け取れる人は世帯主

受給権者(現金を受け取れる人)は、世帯主

受け取り方法は、郵送、またはマイナポータル経由

郵送申請 ※申請期限は3ヶ月!

  • 市区町村から世帯主(受給権者)宛てに申請書が郵送される
  • 次のとおり 市区町村に 返送
    ・振込先口座を記入。
    ・振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しを同封

申請期限は、郵送申請方式の申請受付開始日から3か月以内

オンライン申請方式(マイナンバーカード所持者が利用可能)

  • マイナポータルにアクセス
  • 振込先口座を入力し、振込先口座の確認書類をアップロードし、電子申請
    ※電子署名により本人確認するため、本人確認書類は不要

マイナポータルつかえる人は、現時点で超少数派なので
主に郵送手続きになりそうですね。

郵政グループの特需

世帯主に郵送されると不都合がある方の対策

世帯分離により、世帯主を分ける、変更する。

「世帯分離」により、世帯主を分けたり、変更することができます。

※生計が別か?生計を立てているのは誰か?かんたんな質問確認があります

新しく世帯主になる方の身分証、認印があれば、市区町村の住民戸籍窓口で手続きできます。

世帯分離が、郵送対応できるかは、お住まいの市区町村に確認しましょう。

配偶者からの暴力(DV)、児童虐待は、市区町村に申請して、特別の配慮を

市区町村に、DV対象者と申請すれば、さまざまな配慮をしてくれます。

配偶者からの暴力(DV)、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方は、申出によって、住民票の写し等の交付等を制限できます。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/daityo/dv_shien.html

コールセンターあります

【コールセンターの概要】
○連絡先 03-5638-5855
○応対時間 9:00~18:30 (土、日、祝日を除く)

ただし、この施策の実施は市区町村になります。
具体的な相談は、お住まいの市区町村へ。
企画部署や住民戸籍部署に確認するといいです

コールセンターは、一般的な話しかできないと思われます

10万円一律給付  新型コロナウイルス経済対策 まとめ

・世帯主が受給権者であること

・申請期限があること

ここに注意が必要です!

https://www.keitaiplan.com/setaibunri/

余談

廃案になった「1世帯30万円給付、ただし条件付」
これよりは救済幅が大きくなりましたね。
給付条件の一例ですが、↓この金額は、「給与差押禁止額」を参考にしたものです。

  • 単身世帯:10万円以下
  • 2人世帯(扶養家族1人):15万円以下
  • 3人世帯(同2人):20万円以下
  • 4人世帯(同3人):25万円以下
  • 以後、扶養家族が1人増えるごとに5万円を加算する

税金滞納して給与差押した後に、家族に残されるお金。
これを給付条件に組み込むのは、いかがなものかと思ってました。

https://www.keitaiplan.com/sidebusiness-beginner/

NHKのサイトも分かりやすかったので、あわせてご覧ください

10万円一律給付 対象や手続きの方法は 総務省が発表 | NHKニュース
【NHK】総務省は、20日夕方、10万円の一律給付の概要を発表しました。それによりますと、給付は、国籍を問わず、今月27日時点の住…