いじめをする人とは?【相手に自信が無い】オードリー・タンさんの結論と対策

いじめについてオードリータンの結論 こども教育
この記事は約3分で読めます。

台湾の天才デジタル担当大臣 オードリー・タンさんは、小学校2年生のときに、いじめにあい、その構造を理解するために、ピアジェやモンテッソーリなどの児童心理学を読み、結論を出しました。 「いじめをする人は、相手に自信が無いから」
自信がない相手に対して自分が出来る事はないと考え、転校したとのこと。

出典:「世界一受けたい授業(日テレ)」、「クイズ 天才の答えが答え(NHK)」

オードリー・タンさんとは

オードリー・タンさんは、 新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾の中心人物として世界的に注目されましたね。

台湾が新型コロナ封じ込めに成功した3つの理由。天才IT大臣オードリー・タン氏が語る“デジタルを駆使したコロナ対策最前線” | Ledge.ai出張所
2月25日に開催された「NetApp INSIGHT Japan 2021」での基調講演を紹介。

いじめをする人=自信が無いから

いじめにあい、その構造を理解するために、ピアジェやモンテッソーリなどの児童心理学を読むって。小学2年生の発想ではないですよね。オードリータンさんが、天才たるゆえん。

いじめの理由は、成績がトップだったからという理由でねたまれたことによります。

結論:「いじめをする人は、相手に自信がないから」

こどもでこの結論に到達できる人はどれだけいるんでしょう。
親がフォローしてあげるところかなと思います。

いじめをする人への対抗策

ではいじめをする人への対抗策とは、どうしたらよいでしょう。

いじめをする自信が無い相手に対して、自分ができることはないから転校(オードリー・タンさん)

思い切った結論ですね!

転校というと、最終手段や逃げのイメージですが、論理に基づいた選択肢なんですね。

親は、備えておくべきかなと思います。

親ができること(持論)

ちなみに、うちの子は、いじめとまではいかなくても、心無いことを何度も言われた経験があると、ちょうどこのTV(世界一受けたい授業)を見てるときに、泣きながら言ってきました。

こどもから、相手に何度か伝えても改善しなかったとのこと。
今後どうしようか相談して、こども本人に決めてもらいました。

まずは、「学校への連絡ノートに書いて欲しい」との結論になり、事実だけを先生に伝えました
(指導してください!などキツイことは書きません)

まだ不安がってましたので、「これで解決しなければ、最終手段として転校しよう」と話しました。(どこに住みたいか、他のともだちと離れてしまうこと、転校先でも同じような人はいるとも話しました)

転校、引越し。かなり面倒です。お金もかかります。
最終手段として持っていることを伝えるだけでも安心につながります。
親として覚悟を決め、いざというときのために、引越し費用は貯めておくとよいでしょう。

今回の場合は、結果として、先生がうまくおさめてくれて、相手も謝って心を変えたようで、
今では放課後に遊ぶ仲良しさんになってます。

  • こどもの話を聞き、こども自身に結論を出してもらう
  • 連絡ノートで事実を伝える(こどもの許可をもらった上で)
  • ダメなら転校

ちなみにうちの子(小学生男女)は、「学校では教えてくれない大切なこと」シリーズ本が大好きで、読みふけってます。なかでも、「自信の育て方」がお気に入り。こどもにとって、大切なテーマだったんだなと実感しました。

大人の私が読んでもおもしろいし、気づきがあり、勉強になります。