公務員から転職活動をする時の注意点について

この記事は約2分で読めます。

転職活動を在職中にする場合には、いくつか注意しなければならないことがあります。

公務員から転職 退職手続きは転職先が決まってから

転職先の企業が決まってから、退職手続きをとることが、安定した収入を保つためには必要です。

現在の仕事と並行して転職活動をすると面接日の都合がつかないことがあります。働きながら転職活動をしている場合、面接日に指定された日時に行くことができなければ採用の見込みはありませんので、仕事の調節が必須です。

公務員から転職 職場の人間に漏らさない

転職活動と並行して仕事をしていることを職場内で漏らすとそれが原因でもめ事に発展する可能性もあります。職場内の人にはいくら親しくても相談しないほうが無難です。どこから噂が広まり上司の耳に入ります。

部下の転職を喜ぶ上司は滅多にいません。引き止めようと婉曲に説得をしてきたり、転職活動をしづらい状況に置こうとする方もいます。人づきあいにも関わりが出てきますので、万が一転職を中断した時にいづらくなってしまいます。

公務員から転職活動する注意点 まとめ

転職先が決まったら、あとは退職日と新しい会社に行く日を決定します。

公務員の場合は、退職願を提出し、人事担当者が退職の通知を任命権者に提出するという流れになります。現在の仕事を引き継ぐことを考慮に入れると最低でも1カ月は欲しいものでする。それらを考えながら、転職活動を進めていきましょう。

おとくなキャンペーン

【G.W.キャンペーン】Amazonで200万冊以上の本が読み放題(Kindle Unlimited)が、今なら2か月間無料体験できます。お使いのスマホやパソコンで見られます。

\ 好きな本が気兼ねなく読める /
無料体験を始める

LINE証券で かんたんなクイズに答えると、4,000円相当の株がもらえるキャンペーン中です。
あなたは、長期投資する?決済しておこづかいにする?

公式サイト>> LINE証券

初株キャンペーン