【無料】公務員に転職準備するならハンドブックを紹介します

公務員試験合格クレアール 公務員を退職|転職
公務員試験合格クレアール
この記事は約4分で読めます。

30代や40代の社会人でも、意外と公務員に転職できます。採用試験もそれほど難しくありません。

現役世代と違い、憲法民法行政法など難解な勉強は、自治体の採用試験によっては、それほど必要とされておらず、一般常識の範囲で試験が受けられます。

しかし、エントリーシートや面接では、求められるものが民間企業とは異なります。

では、どのような対策をしたらよいのでしょうか。

参考になるハンドブックが、無料でもらえるので紹介します!

\ 今すぐハンドブックが欲しい方は、こちらから/

無料の公務員転職ハンドブックとは

ご紹介する無料の公務員転職ハンドブックとは、社会人のための公務員転職ハンドブックです。資格のWebスクールを運営しているクレアール の公務員試験対策講座 で資料請求をした人にプレゼントしています。

こんな人におすすめ
  • 一般企業に勤めたけれど、やはり公務員の道を目指したい
  • 興味はあるけど、公務員がどのような仕組かが分からない
  • 社会人でも実際に転職できるか心配…
  • 自分が受験できる試験があるのか分からない
  • 実際に同じような経験をしている人の声が聴きたい!

公務員転職ハンドブックで、どんなことが分かるのか

この本では、次のようなことが分かります

  • 公務員試験の仕組みを知る!
  • あなたが受験できる試験は?
  • 社会人におすすめの転職ルート
  • 話題の「社会人経験者採用試験」とは
  • 試験スケジュールと試験内容

「公務員」といっても職種や区分があるので、自分がどんな試験をいつ受験できるか分かります。

その他に次のようなことも知ることができます。

  • 公務員合格者の体験記
  • 公務員へ転職のよくある質問

「公務員合格者の体験記」には、志望動機や試験対策などが書かれています。

「公務員へ転職のよくある質問」では、

・どんな人が合格しやすいのか
・試験対策はいつ頃から始めるべきか

など、気になることが書いてありますので、勉強方法や面接対策の参考になります。

これを無料でもらえるのは、なかなかありません!

\ 勉強方法や面接対策の参考に/

資料請求をすると、面倒な電話勧誘をされませんか

資料請求をするとしつこく電話がかかってきて勧誘されないか、面倒なことは嫌ですよね。

しかし心配無用です!

クレアールでは資料請求をする際、電話番号の入力は「任意」となっています。

連絡手段としてメールアドレスの入力は必須ですが、電話がかかってくることはないので安心して資料請求できます。

無料のハンドブック 資料請求の手順

「社会人のための公務員転職ハンドブック」を無料でもらうためには、次の手順で資料請求します。

こちらのリンクから公務員講座資料請求ページ を開き、「無料お申し込みはこちら」をクリックします。

入力は必須項目だけでOK! 電話番号を入力しなければ電話がかかってくることはありません。

③画面下の方に「ご請求内容」という項目があるので、「社会人のための公務員転職ハンドブック」にチェックを入れましょう!

その他の必須項目を入力すればOKです!

ハンドブックはどちらか1冊しか選ぶことができません

  • 「社会人のための公務員転職ハンドブック」
  • 「公務員入門ハンドブック」

両方見ましたが、「社会人のための公務員転職ハンドブック」の方が圧倒的におすすめです。

社会人のための公務員転職ハンドブック まとめ

公務員への転職を準備するなら、無料で入手できるハンドブックを紹介してきました。

  • 無料の公務員転職ハンドブックとは、資格のWebスクールを運営しているクレアール の公務員試験対策講座 で資料請求をした人に無料でプレゼントしている「社会人のための公務員転職ハンドブック」
  • 合格者の志望動機や試験対策などが書かれているので、勉強方法や面接対策の参考になる。
  • 資料請求のときに電話番号を入力しなければ電話もかかってこなくて安心!

これから公務員を目指す人にはかなりおすすめ! ぜひ無料で入手してほしい1冊です。

\ 勉強方法や面接対策の参考に/
おとくなキャンペーン

【G.W.キャンペーン】Amazonで200万冊以上の本が読み放題(Kindle Unlimited)が、今なら2か月間無料体験できます。お使いのスマホやパソコンで見られます。

\ 好きな本が気兼ねなく読める /
無料体験を始める

LINE証券で かんたんなクイズに答えると、4,000円相当の株がもらえるキャンペーン中です。
あなたは、長期投資する?決済しておこづかいにする?

公式サイト>> LINE証券

初株キャンペーン