公務員を辞める!退職の動機と理由で悩んだとき、冷静に考えるべきこと。

この記事は約3分で読めます。

退職を考えるとき、仕事が思うように進まなかったり、職場環境や待遇がストレスになったりという時があります。退職の動機と理由で悩んだとき、冷静に考えるべきポイントをまとめます。

公務員を辞める 退職するために転職するのか

職場を退職するために転職を考えているという方もいるでしょう。仕事を辞めたいために転職をするというのは、一見するといい考えのようです。しかし、それが本当に物事の解決策になっているものなのでしょうか。

会社を辞めたいと言う人は、

・仕事内容や待遇に不満があったり、
・人間関係がうまくいかない、
・忙しすぎて自分の時間がないから

など、いろいろな理由があると思います。転職で問題は解決されるものでしょうか。

働き方や自分のポジションなど、これでいいと感じている部分はあるのではないでしょうか。働き出せば、少なからず不満な事は出てきます。

「退職したい」が動機の場合は、慎重に

退職したいという動機が転職を考える発端になっているとやめるための仕事探しになりがちです。転職に満足できるかどうかは、心許ないことがあるようです。新しい仕事を選ぶ時にかつての仕事のあり方に振り回されないよう、転職先を明晰な状態の頭で考えることが欠かせません。現在の仕事を継続しながら転職活動をすることは、心身共にハードなこともあります。急ぎすぎて判断を誤らぬよう、転職を考える時は時間と精神に余裕をもってじっくりと取りかかるようにしましょう。

公務員を辞める方法

仕事を辞めると言いにくくて、辞めたい辞めたいと思いながら、毎日仕事を続けているという人は、案外大勢いるようです。

退職の意志を伝えるタイミングや退職の理由のほかにも、仕事の引継ぎのことも考慮しなければなりません。辞めたいから辞めるという話にもっていくことができず、延々と引き止められたり、話合いを求められたりということもあります。

退職させてもらえない時、上司にどういう理由をつけて言えばいいのでしょうか。簡単に仕事を辞めることができる理由として参考になるものをいくつか紹介します。

退職の理由例1.家業の後継を

事実との相違が起きるかもしれませんか、親や祖父母、家業や後継の問題で、田舎に帰るという類の理由です。プライベートな理由がかかわっていますので、職場の人間はそう簡単に口出しすることができなくなります。その結果、スムーズに仕事を辞めることが可能です。

退職の理由例2.転職が決まったこと

かなり良い条件の転職先が決まったことを退職の理由とすれば、好待遇の職場への転職することに対して、いくら上司も何も言えないはずです。今の会社に残って欲しいと言われることはあるかもしれませんが、次の会社の条件や待遇について告げれば、転職の理由になります。

公務員を辞める!退職の動機と理由で悩んだとき、冷静に考えるべきこと まとめ

ただ単に辞めることを伝えるのではなく、転職するに至った経緯をしっかり伝えることは、円満退職をする上で重要なことです。会社によっては退職をなかなか認めないケースもあるようですが、強い意志を持って、毅然とした態度で、仕事を辞める意志を伝えるようにしましょう。

市場価値診断してる?ミイダスで市場価値を無料チェック! ミイダス
おとくなキャンペーン

LINE証券で 4,000円相当の株がもらえるキャンペーン中です。

少額投資は、勝ちやすいので初心者向けです。ろうばい売りしないから。
決済して、おこづかいにしてもいいでしょう!

公式サイト>> LINE証券

初株キャンペーン