副業が会社にばれないよう、住民税の天引きをやめる方法

副業がバレる 副業
この記事は約3分で読めます。
悩み子
悩み子

副業が会社にバレないか心配です

バレるケースは、身内の密告が多いです。
注意するポイントを伝えますが、会社に許可をとるのが一番です。

こんにちは、元税務職員のちゃーこです!
先日、私が運営するLineオープンチャットでこのような問合せがありました。

質問: 副業のために開業届を出す、職場にバレますか?

回答: 開業届の提出を職場に通知することは無いが、別の理由でバレることはある。

バレる人の特徴(個人的見解)

1.おしゃべりさんは、密告されてバレる
2.税金を払わない人は、財産調査される中でバレる
3.副業が所得20万円を超えたが、住民税天引きのため、会社の経理にバレる などです。

参考までにご紹介します。なお、個人的見解を含みます。

Q.副業のために開業届を出す、職場にばれるか?

A.開業届の提出を勤務先に通知することは無い。バレるなら他の理由

開業届が出されたことを会社に通知することはありません。個人情報は保護されます。

バレないための基本対策2つ

次の対策が基本です。

給与天引をやめる(市県民税の特別徴収→普通徴収)

・会社が給与天引きをしている
・副業でそこそこの稼ぎがあった場合

この場合、会社の経理担当者と、役所の税額計算結果が違うので、バレます。

自分で確定申告して、税金を納める。

確定申告B書式で、源泉徴収票と事業売上を申告します。
住民税を「普通徴収」に切り替えましょう

税金を払わないとバレる理由

会社に財産調査され、芋づる式にバレます。

本業の給与と、副業の売掛金があるとします。
たとえば、副業が転売で、売掛金がAmazonから入金される場合

税務署や役所は、本業の給与を差押えるため、会社に財産調査します。
→給与振込口座を調査されて、売掛金の存在がばれます。
→副業のAmazonの売掛金を差押えるため、Amazonに調査します。

給与と売掛金の両方を差し押さえて、取立ては、会社に依頼します。
給与差押額が、想定以上に大きいと経理の方は気づき、芋づる式にバレます。

副業が手渡しなら、バレにくいけどね

そうですね。ただし、副業先の事業所が不正していた場合、取引関係を税務調査されて芋づるで見つかることもあります。

一番の対策は、誰にも言わないこと

友人、同僚、お客様などが会社に密告してバレるケースが多いです。
匂わせる言動は控えるのが一番!おしゃべりは身を滅ぼします。

副業が会社にバレるひとの特徴 まとめ

バレる人の特徴は、

1.おしゃべりさんは、密告されてバレる
2.税金を払わない人は、財産調査される中でバレる
3.副業が所得20万円を超えたが、住民税天引きのため、会社の経理にバレる などです。

ちなみに、副業の年間所得が20万円未満なら、申告不要制度を使えばよいです。(売上から経費を除いた、所得ですよ)