ソフトバンク(softbank)からワイモバイル(Y!mobile)への乗換え【注意点と手順】

ワイモバイルへの乗換え スマホプラン
この記事は約5分で読めます。

ソフトバンク(SoftBank)のスマホを使っているけど、毎月の利用料金が結構高いという方へ

低料金のワイモバイル(Y!mobile)への乗り換えは、ハードルが高くないのでおすすめです。
端末をそのまま引き継げるためです。

次のとおり解説します。

  • 乗換えの注意点
  • 乗換えの手順

ソフトバンクからワイモバイル 乗換えの注意点① サービス

通話:かけ放題が必要か

1回10分以内の国内通話 が無料です

10分を超えた場合、 【20円/30秒】課金されてしまいます。

10分制限がわずらわしい方、いままでどおりの通話し放題にしたい方は、

オプションのスーパーだれとでも定額 (1,000円/月)に加入しましょう。
これにより、10分制限がなくなり、国内通話無料にできます。

メールアドレス:キャリアメールは使えなくなる

キャリアのメールアドレスは使えなくなります。

フリーのメールアドレスは引き継げます。

今後、乗り換えする可能性を考えて、これを機会にフリーのメールアドレスに変えてしまうとよいです。

<例>
・Gmail
・i.cloud.com
・yahoo.co.jp など

※Y!mobileのキャリアメールアドレスは、@yahoo.ne.jpです

LINEなどのアプリ引継ぎ →OK

端末を変えない前提なので、LINEもそのまま使えます。
端末を変えたとしても、LINEアカウントは引き継げます。

【最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 | LINE公式ブログ
機種変更の際、より安全にわかりやすくLINEアカウントが引き継げるよう、引き継ぎ方法が新しくなりました。 変更点 ・新規登録時にパスワードの登録が必須になります。 ・画面表示に従って必要事項を入力していくだけで、スムーズに引き継ぎができるよう

回線速度

Y!mobileは、ソフトバンク回線を使っているので、速度は変わりません。

実際に速度調査したブログがありますが、やはり変わらなかったようです。

Y!mobile(ワイモバイル)とソフトバンクの速度比較

https://www.teach-me.biz/sim/ymobile/speedtest/softbank.html

ソフトバンクからワイモバイル 乗換えの注意点② 各種違約金、端末残債

端末代金(スマホ本体代)残債:あれば引き続き支払い

分割払いの場合は、残債が残っていると、端末料金を引き続き分割払いするか、一括払いすることになります。

機種代金のお支払い状況をMy SoftBank(オンライン)で確認する

https://www.softbank.jp/mobile/support/contract/charge-guide/procedure/online-payment/

違約金①:端末購入サポート違約金 ※利用月数次第

端末購入サポートを使って、端末代金を安く契約した場合、契約期間以内に解約すると、かなり高額の違約金を払うことになります。1年以内など短いスパンの場合にかかります。

違約金②:2年縛り違約金 9,500円+税

2年縛りの契約をしている場合、契約後24~26か月の間に解約手続きを行うと違約金は発生しません。違約金は9,500円+税金です。

なお、他社乗換えする場合は、違約金を乗換え先が負担して払ってくれるサービスは多いです。
docomo、auなど。

ソフトバンク→Y!mobileは、違約金を負担してくれるサービスはありません。

ソフトバンクからワイモバイル 契約の注意点③ 端末(スマホ本体)

SIMロック解除について

ソフトバンク→Y!mobileの場合、端末はそのまま、SIMカードを変えるだけで使える場合もありますが、SIMロック解除が必要なものもあります。

ただし、今後のことを考えると、間違いなくSIMロック解除した方がよいです。

・新しい端末に変えたい場合、メルカリ等で今の端末を売るときに、SIMロック解除したほうが高く売れる!

・ソフトバンク、Y!mobile以外にしたい場合にSIMロック解除が必要になる

SIMロック解除する場合

SIMロック解除は、マイソフトバンクで行えば、無料でできます!

手続き場所手数料
ソフトバンクショップ3,000円
My Softbank (※)無料

※端末発売時期が、2015年5月以降 に限る

ただし、SIMロック解除できる端末は、
・ 端末購入日から101日以上経過している場合
・ 機種購入代金がすべて支払い済みであることが確認できた場合です。

すでに解約した場合は、ソフトバンクショップで有料にて解除できます。

ソフトバンクからワイモバイル 乗換えの手順①MNP予約番号の発行

契約に必要なもの

・MNP予約番号の発行
・身分証明書
・銀行印
・クレジットカードまたは銀行の通帳/キャッシュカード

ソフトバンクのサポートセンターに電話してMNP予約番号を発行します

なお、MNP予約番号の有効期限は、取得後15日間です。 

期限内にMNPできなかった場合は、MNP予約が無効となるので、再度MNP予約番号を取得しなおしてください。

【お問い合わせ窓口】

ソフトバンク携帯電話から:*5533(通話料無料)

一般電話から:0800-100-5533(通話料無料)


電話が繋がりましたらガイダンスに沿って「1」を押してください。
※暗証番号がご不明な場合は、そのままお待ちください。オペレーターに繋がります。
※電話でのMNP予約番号発行はご契約者さまのみお手続きできます。

受付時間
オペレーター対応:9:00 ~ 20:00(年中無休)

https://www.softbank.jp/support/faq/view/10068

Y!mobileで申し込み

Y!mobileの申し込みは、

のいずれかでできます。

その際、MNP予約番号を提示してください。 

契約後

Y!mobileの申し込み手続きが完了し、SIMカードをさせば、Y!mobileが使えます

同時にSoftBankが自動的に解約となるので、SoftBankでの解約手続きは不要です。

なお、SoftBankに対しては、

  • MNP転出手数料:3,000円
  • 契約解除料:9,500円(契約更新月以外に解約した場合)

が発生し、最終請求の際にSoftBankから請求されます。

契約更新月は、My SoftBankから確認できます。

ソフトバンクからワイモバイル  乗換えまとめ

ヘビーユーザーでなければ、Y!mobileでも十分使えます。
固定費もだいぶ安くなります。

それほど難しいてつづきではないのですが、ソフトバンクから乗り換える際にあの手この手で阻止してきます。

惑わされること無く、固定費をさげていきましょう。