会社員

投資

配当金の税率は一律20.315%じゃない!特定口座(源泉徴収あり)でも確定申告しないと損!意外と知らない配当控除の節税対策!

株の配当金は、勝手に20.315%の税金が取られますよね!意外と知られていませんが、税率は所得に応じて変わります。所得が695万円以下なら税率は低いので、差額分が還付されますよ。所得です。年収1,000万円未満ならこの層です。
投資

会社員/公務員の確定申告。株の配当金があれば、源泉徴収ありの特定口座でも、申告しないと損する!画面キャプチャで解説

特定口座(源泉徴収あり)にすると、証券会社が源泉徴収してくれますが、大抵の人が、徴収されすぎです。所得が900万円未満なら損します。税率は一律 20.315%ではありません。確定申告すると、配当控除により還付されます。うちは、配当金の1割が還付になりました!
税金

会社員の節税対策おすすめNo1!簡単にできる「生計一親族の扶養控除」知らないと3万円以上の損!

元税務職員が語る節税対策!誰でも簡単にできて効果が大きいのは、「生計一の親族を扶養控除にする」ことです。親族の範囲とは?生計一とは?所得控除による節税効果とは?税金は知らないと勝手に搾取される情報弱者ビジネスの性質があります。しっかり対策しましょう。
タイトルとURLをコピーしました